#author("2022-04-04T18:44:08+09:00","default:LabMember","LabMember")
#author("2022-04-05T01:35:48+09:00","default:LabMember","LabMember")
[[Ando Lab Wiki]]

* 4年生特別実験テーマ候補 [#q133a7e9]
** 説明資料 [#m51fd34e]
- [[2021年度Sセメスター>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/lectures/SpecialExperiment2021S.pdf]] (2021年4月20日)
- [[2020年度Sセメスター>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/lectures/SpecialExperiment2020S.pdf]] (2020年4月28日)

** テーマ候補 [#tfc97322]
- 重力波望遠鏡による地震の即時アラート[→上野2016夏; 途中]
-- フィッシャー行列によるパラメータ推定
- ねじれ型重力波検出器TOBAのデータ解析
-- 中間質量ブラックホールの探査[→佐藤両角2015冬; 論文へ]
-- 中間質量比連星(IMRI)の探査 [→2018冬; フィッシャー行列を使ったサイエンス検討]
- 非平衡系の熱雑音[→徳田出野2013冬→森崎長野2014夏; 感度不足、防振必要]
- ねじれ振り子による光学浮上基礎実験
-- 光ばね効果の確認[→有冨榎本2014冬; 制御まではできたがレンジ足りず]
-- 光学浮上に向けた実験[→桑原くん2015年度修論 →和田くん]
- 光速の異方性実験の無線化[→Jake; 感度が出ないので原因究明必要 →武田くん、酒井くん]
- 異方性実験のモノリシック化、まずは往復光速でも [→武田くん]
- 光子がどこを通ったか実験[→2016年の五月祭(川畑くんら)]
- ワシントン大のねじれ振り子を再現する実験
-- 重力逆二乗則の検証[→和田川名2015夏; 回転中の揺れが大きかった]
-- Diosi-PenroseのCSLモデルの検証[→2017年の五月祭(荻野くんら)→米田2017夏→バイオリンモードで渡辺及川2017冬→同様に2019冬]
- GASフィルターの開発
-- TOBA向けなど
-- 縦置きできるレンジの広いアクチュエータの開発
- 感度のいいフォトセンサの開発
-- 変調を加えるなど
- モノリシック光学系を使った実験[→有冨くん、下田くん]
- コイルコイルアクチュエータの開発[→有冨くん]
-- 変調を100kHzにする[→川﨑新井2016冬; 100kHzの回路がうまくいかない]
-- 熱雑音測定
-- LVDT的なセンシング
-- ダンピング項の評価
-- Red Pitayaなどを使った位相変調モジュール開発
- center of percussionを使ってねじれ振り子の並進カップル低減[→高野2016夏; 磁気浮上まで]
- 回転TOBA
- photo-thermal effectの測定
-- 光ばね1本での安定性の謎の解明
- 光ファイバ非対称マイケルソン干渉計を使った周波数安定化[→川﨑くん]
-- 光学浮上実験などに使える(0.1 mHz/rtHz @10 kHz)
- 微小球、微小棒の光トラップをやってみる
- ドーナツビームを使った微小球の浮上
- トーラスの光学浮上
- 偏光と複屈折媒質のカップリング、LGモード
- 光リング共振器を用いたaxion探査 [→2018夏、2019夏]
- 薄い鏡の開発と性能評価 Mark Optics Thin Optical Substrates [→千代田くん]
- B-Lに結合するベクトル場暗黒物質の探索、bKAGRA Phase 1 dataを用いて?
- Photon recycling to enhance quantum efficiency of PDs using a cavity
#br

- Optickleを使ったKAGRA中間段階の信号取得系計算
- bKAGRA用参照共振器の安定度評価[→塚田2015年度卒論; 特性評価終了]
- KAGRA用RF PD/RF QPDの特性評価
- iKAGRAのdetector characterization
-- 較正、アクチュエータ効率のドリフトなどのデータ整理
-- ロックロスの原因調査[→宮崎2017夏]
- KAGRA向けレーザーの開発
-- deformable mirrorを使った共振器透過光の最大化、干渉効率の最大化
- A軸サファイアの可能性検討
-- 複屈折の測定、干渉効率の測定など
- OMCの開発
- KAGRA+の感度を考える
-- MCMC、遺伝的アルゴリズムなどを使った感度の最適化
-- Extreme RSEの計算、感度最適化、ロスの影響など
- 輻射圧アクチュエータの開発
- アクチュエータ雑音の低減
-- 電流の読み取りとフィードバック/フィードフォワード
-- 抵抗の熱雑音の低減
#br

- DECIGOに向けた双方向Fabry-Perot共振器 [→長野]
- LISAレベルのPhase meterの開発

#br
- 感度のいい地震計の開発
-- Roberts Linkage
- Digital Micromirror Deviceを用いた全空間モードWFS
- 機械学習の応用
-- MLを利用してphase unwrappingをして、制御なしマイケルソン干渉計を実現し、制御ありの場合と感度比較 (https://doi.org/10.1364/OE.27.015100)
-- アラインメントの自動化
-- 制御フィルターの最適化
- 磁気シールドの開発

#br
- FPGAボード(red pitayaとか)で何かを実装

#br
- 干渉計+変調を用いたコンパクトなローカルセンサー (ref:[[https://arxiv.org/abs/2202.10274]])
- 寄生共振を抑えたミラーホルダー(ref:[[Opt. Express 24, 28239-28246 (2016)>https://opg.optica.org/oe/fulltext.cfm?uri=oe-24-25-28239&id=355603]])

[[これまでの学生実験テーマ一覧>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/ja/?UndergradReports]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS