[[戻る>Tsubono Lab Wiki]]

* 坪野研輪講 [#if755f15]

#contents

** 概要 [#h537c928]
坪野研輪講は、原則毎週水曜日、午前10時半から二時間程度、理学部新一号館431号室で行います。興味のある方は、どなたでも参加可能です。~
&br;
2009年以前の履歴はこちら~
http://t-munu.phys.s.u-tokyo.ac.jp/lab/rinko.htm

** 2013年 [#d77a419e]
|LEFT:80|LEFT:60||LEFT:60||c
|~日時|~発表者|~タイトル|~発表資料|~備考、参考資料など|
|1月16日(水) 10:30-|山崎歴舟|Opto/Electro-Mechanicsを用いた量子物理&中村研|[[スライド(内部向け)>https://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/wiki/Lab/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=Yamazaki_optomechanics.pdf&refer=InternalRinkoFileArchives]] |東大先端研 中村研|
|1月9日(水) 10:30-|牛場崇文|低温シリコン光共振器を用いた高安定化光源の開発| |修論発表練習|
|~|柴田和憲|サブミリメートル領域での重力法則の検証による余剰次元探査| |修論発表練習|


** 2012年 [#g95d4714]
|LEFT:80|LEFT:60||LEFT:60||c
|~日時|~発表者|~タイトル|~発表資料|~備考、参考資料など|
|11月28日(水) 13:30-|坪野公夫|Casimir force||[[D. Garcia-Sanchez et al., PRL 109, 027202 (2012)>http://prl.aps.org/abstract/PRL/v109/i2/e027202]]|
|11月21日(水) 13:30-|麻生洋一|シリコン共振器実験の現状とコーティング熱雑音直接測定実験の提案|||
|11月7日(水) 13:30-|石徹白晃治|宇宙マイクロ波背景放射偏光観測実験QUIETの最新結果||東北大学ニュートリノ科学研究センター, 512号室, [[arXiv:1207.5034>http://arxiv.org/abs/1207.5034]]|
|10月31日(水) 10:30-|岡田健志|低周波重力波源について||[[PRL 102, 161101 (2009)>http://prl.aps.org/abstract/PRL/v102/i16/e161101]], [[PRD 69, 127302 (2004)>http://prd.aps.org/abstract/PRD/v69/i12/e127302]]|
|10月24日(水) 10:30-|松本伸之|巨視的量子現象 ~三角共振器の秘めたる力~|||
|10月17日(水) 10:30-|道村唯太|光子~その質量と電荷~|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_PhotonMassCharge.pdf]]|[[Eur. Phys. J D 61 (2011) 531.>http://link.springer.com/article/10.1140%2Fepjd%2Fe2011-10508-7]], [[arXiv:1209.2052v1>http://arxiv.org/abs/1209.2052]]|
|10月10日(水) 10:30-|Stefan Goßler|The AEI 10m Prototype Interferometer||Max Planck Institute for Gravitational Physics|
|9月25日(火) 10:30-|柴田和憲|ドイツ帰朝報告|||
|8月8日(水) 15:30-|河邊径太|LHO現状報告||604号室|
|7月25日(水) 10:30-|牛場崇文|論文紹介(Test of the Gravitational Inverse Square Law at Millimeter Ranges)||[[Shan-Qing Yang et al., PRL 108, 081101 (2012)>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0370269382908668]]|
|~|道村唯太|Caltech 40m Labに行ってきました|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_caltech2012.pdf]]||
|7月17日(水) 10:30-|柴田和憲|Marginally stableでない干渉計でのパラメトリック不安定性について|||
|6月27日(水) 10:30-|坪野公夫|cold damping|||
|6月20日(水) 10:30-|伊藤洋介|重力波データ解析の現状と展望||東大ビッグバンセンター|
|6月13日(水) 10:30-|麻生洋一|KAGRA干渉計の鏡曲率とレイアウトの最適化|||
|5月30日(水) 10:30-|正田亜八香|GWADW帰朝報告|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/shoda/presen/seminar/GWADWreport.pdf]]||
|2月29日(水) 10:30-|渡辺優|量子推定理論を用いた誤差と擾乱の不確定性関係|[[スライド(内部向け)>https://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/wiki/Lab/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=Watanabe_uncertainty.pdf&refer=InternalRinkoFileArchives]]|東大理 上田研 [[PRA 84, 042121 (2011)>http://pra.aps.org/abstract/PRA/v84/i4/e042121]], [[arXiv:1106.2526>http://arxiv.org/abs/1106.2526]] |
|2月27日(月) 13:00-|早瀬元|多孔質材料の合成と他分野への応用||京大理 無機物質化学研究室|
|2月22日(水) 10:30-|岡田健志|TOBAの現状と今後の計画|||
|2月8日(水) 10:30-|柴田和憲|Parametric Instability in the bKAGRA Arm Cavity|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/shibata/presentation/120208_PI.pdf]]|[[Detail report>http://gwdoc.icrr.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/private/DocDB/ShowDocument?docid=787]], [[道村さんASCレポート>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_ASC.pdf]]|
|2月1日(水) 10:30-|松本伸之|輻射圧揺らぎの測定|||

** 2011年 [#ufe3d630]
|LEFT:80|LEFT:60||LEFT:60||c
|~日時|~発表者|~タイトル|~発表資料|~備考、参考資料など|
|12月14日(水) 10:30-|正田亜八香|低周波重力波検出器TOBAの開発,及び背景重力波探査||修論発表練習|
|12月7日(水) 10:30-|道村唯太|光リング共振器を用いた片道光速の異方性探査||修論発表練習|
|11月16日(水) 10:30-|岡田健志|論文紹介(Creation of universes from nothing)| |[[A. Vilenkin, Phys. Lett. B 117, 25 (1982)>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0370269382908668]]|
|11月9日(水) 10:30-|松本伸之|論文紹介(Haixing Doctor thesis)|[[スライド>https://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/wiki/Lab/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=matsumoto_rinkou_2011.11.9.pdf&refer=Rinko]]|[[H. Miao Thesis>http://gwic.ligo.org/thesisprize/2010/miao_thesis.pdf]]|
|11月2日(水) 10:30-|道村唯太|OPERA実験と光の片道速度|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_OneWaySpeed.pdf]]|[[arXiv:1109.4897>http://arxiv.org/abs/1109.4897]]|
|10月26日(水) 10:30-|正田亜八香|論文紹介(Gravity Probe B: Final Results)|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/shoda/presen/seminar/GPB.pdf]]|[[C.W. F. Everitt, et al, PRL 106, 221101 (2011)>http://einstein.stanford.edu/content/sci_papers/papers/PhysRevLett.106.221101.pdf]]|
|10月19日(水) 10:30-|柴田和憲|低温実験@KEK 現状報告| | |
|10月12日(水) 10:30-|牛場崇文|重力の逆二乗則の検証実験| | |
|7月27日(水) 10:30-|道村唯太|レーザー干渉計を用いたLorentz不変性の検証|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_LorentzInvariance.pdf]]| |
|~|岡田健志|ワシントン大学帰朝報告 | | |
|7月20日(水) 10:30-|坪野公夫|アラン分散とその測定| | |
|6月29日(水) 10:30-|穀山渉|DECIGO Pathfinder における地球放射ノイズ、SWIMmn観測運用における地球磁場雑音| | |
|6月8日(水) 10:30-|麻生洋一|Pythonによる科学技術計算|[[スライド>https://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/wiki/Lab/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=2011_6_8_Aso_Python.pdf&refer=Rinko]], [[例題>https://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/wiki/Lab/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=2011_6_8_Aso_Examples.zip&refer=Rinko]] | |
|6月1日(水) 10:30-|穀山渉|DECIGO Pathfinder における地球放射ノイズ| | |
|5月25日(水) 10:30-|岡田健志|超伝導磁気浮上を用いたねじれ振り子型重力波検出器について| | |
|5月18日(水) 10:30-|松本伸之|スクイージング実験の現状報告| | |
|5月11日(水) 10:30-|道村唯太|LCGTのASC|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_ASC.pdf]]|L. Barsotti '''et al.''': Class. Quatum Grav. ''27'' (2010) 084026.|
|4月20日(水) 10:30-|正田亜八香|コイル・コイルアクチュエータの開発|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/shoda/presen/seminar/coilcoilactuator.pdf]] | |
|4月13日(水) 10:30-|道村唯太|モノリシックマイケルソン干渉計の性能評価|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_kyoto2011.pdf]] | |
|1月14日(水) 10:30-|松本伸之|重力波検出器の感度向上に向けたスクイーズド光の生成実験| |修論発表練習|

** 2010年 [#bf4bd07f]
|LEFT:80|LEFT:60||LEFT:60||c
|~日時|~発表者|~タイトル|~発表資料|~備考、参考資料など|
|12月16日(木) 14:00-|穀山渉|DECIGO Pathfinderで実証される技術の応用| |604号室|
|12月1日(水) 10:30-|道村唯太|Caltech 40m Labに行ってきました|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/michimura/presentation/labseminar_caltech2010.pdf]] | |
|11月17日(水) 10:30-|麻生洋一|COMSOLを使ったLCGTヒートリンクの防振性能計算| | |
|11月10日(水) 10:30-|坪野公夫|原子干渉計| | |
|10月27日(水) 10:30-|正田亜八香|AEI帰朝報告|[[スライド>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/shoda/presen/seminar/AEI_shoda.pdf]]| |
|10月21日(木) 10:30-|平松成範|KEK B-ファクトリー電子・陽電子衝突型蓄積リングのビーム診断装置| |445号室|
|9月29日(水) 10:30-|Wei-Tou Ni|The complete spectrum of gravitational waves, black hole coevolution with galaxies and dark energy| |512号室|
|9月21日(火) 15:00-|沼田健司|Spaceborne Laser Development at NASA Goddard| | |
|~|麻生洋一|シリコン低温光共振器の可能性| | |
|7月14日(水) 10:30-|正田亜八香|地球重力場測定ミッションについて| | |
|7月7日(水) 10:30-|松本伸之|論文紹介(spatial squeezing を用いたshot noise level の低減)| | [[N. Grosse Thesis>http://photonics.anu.edu.au/theses/2002grosse.pdf]] |
|6月23日(水) 10:30-|岡田健志|ねじれ振り子型重力波検出器の同時観測について| | |
|6月2日(水) 10:30-|穀山渉|宇宙ミッションはどのように失敗するのか?| |[[第18号科学衛星(PLANET-B)「のぞみ」>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/kokuyama/Presentations/100602_seminar/PLANET-B.pdf]]|
|~|~|~|~|[[M-Vロケット4号機打上げ失敗>http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/kokuyama/Presentations/100602_seminar/M-V%20F4.pdf]]|
|5月26日(水) 10:30-|高橋走|論文紹介(Prospects of higher-order Laguerre-Gauss modes in future gravitational wave detectors)| |S. Chelkowski '''et al.''', Phys. Rev. D ''79'', 122002 (2009)|
|5月12日(水) 10:30-|麻生洋一|光格子時計でグリーンイノベーション| | |
|4月21日(水) 10:30-|坪野公夫|重力実験いろいろ| | |
|1月20日(水) 10:30-|岡田健志|低周波重力波探査のための超伝導磁気浮上型ねじれ振り子の研究| |修論発表練習|
|1月6日(水) 10:30-|石徹白晃治|Search for low-frequency gravitational waves using a superconducting magnetically-levitated torsion antenna| |D論発表練習|

** Interesting Papers [#m2367db5]
今後の輪講で紹介するかもしれない論文や誰か紹介してくれないかなーという論文たち
|~Title|~Link|~Comment|
|Introduction to quantum noise, measurement, and amplification|http://rmp.aps.org/abstract/RMP/v82/i2/p1155_1| |
|A New Light-Speed Anisotropy Experiment Absolute Motion and Gravitational Waves Detected|http://arxiv.org/abs/physics/0610076| |
|Weak value amplification in a shot-noise limited interferometer|http://arxiv.org/abs/1201.6039| |
|A review of time and frequency transfer methods|http://iopscience.iop.org/0026-1394/45/6/S22| |
|Test of the Gravitational Inverse Square Law at Millimeter Ranges|http://prl.aps.org/abstract/PRL/v108/i8/e081101| |
|Inspiral-Merger-Ringdown Waveforms for Black-Hole Binaries with Nonprecessing Spins|http://prl.aps.org/abstract/PRL/v106/i24/e241101|穀山がいつかやります。|
|Unified approach to the classical statistical analysis of small signals | http://prd.aps.org/abstract/PRD/v57/i7/p3873_1 | Feldman-Cousins |

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS